少しでも得したいローン金利

住宅ローンって何が負担かというと、金利ですよね。住宅ローン金利推移によって、返済額も変わってしまいますから。ってことは、金利が上がるか下がるかで、ローンを返済している人は、一喜一憂してしまうことになりますよね。ローンのない人にとっては、金利が上がった方が預貯金の上乗せがあるからありがたいんでしょうね。でも、変動金利型住宅ローンを選んだ人にとっては、金利が上がることほど怖いことはありませんよね。 いつまでも低金利が続くなら、変動金利型の方がお得だけど、金利が上昇してくると、固定金利への借り換えが多くなるんじゃないかな。

固定金利は変動金利より金利は高いものの、金利が上昇し続けた時でも固定のままなので、金利変動に振り回されなくてすむんですよね。固定金利がいいのか、変動金利がいいのか、すごく悩むところだけど、低金利の時ってやっぱ変動金利に走っちゃいます。 金利って大きいから、少しでも得したいっていう気持ちが働きますよね。

住宅ローンは金利で苦しみ続けるローンと言っても過言ではないほど、金利の重みが何十年にもわたってずっしりとのしかかってくるものだし、なるべくその金利負担を減らすように、繰上返済はマメにした方がいいんだろうなあ。とはいえ・・子供が大きくなってくると、学費も年間100万以上かかるし、子供が2人、3人となると、教育費を払うだけでも四苦八苦って感じになってしまいますよね。教育費を払って住宅ローンを払い、さらに繰上返済のために積み立てるなんてことは、一般家庭ではとてもできそうにありませんね。 ってことは、繰上返済ができないまま、ずっと住宅ローンの金利負担に苦しめられるってことなんでしょう・・。

だけどお金の管理が上手な人なら、若い頃から計画的にお金をうまく回して、ムダなくスマートにお金をコツコツ貯めているんだろうなあ。私には絶対にムリなことだけど、例え稼ぎが十分じゃなくても、無駄なく上手に暮らしている人っていますよね。そういうスマートな生き方ができていれば、家計も今のような状態にはならなかったのかなあ・・って時々反省してしまいます。

今からでも遅くないので、ムダをもう一度見直して、住宅ローンを少しでも繰上返済できるように、コツコツと貯金していこうかなあ。塵も積もれば山となるって言いますからね。例え少額の貯金でも、5年後、10年後には、かなり救いになっているんじゃないかな。将来に期待して、少額貯金を始めてみようっと。

金利推移の参考サイト

フラット35sエコの金利が安い!
フラット35Sエコの金利引き下げでどれくらいお得になるのかをシミュレーション。フラット35Sの金利を比較して一番お得に借りられる銀行をご紹介します。
xn--35s-9l4bza0f0g.tv/

ミックスローンのメリットは何?
ミックスローンで固定金利と変動金利の住宅ローンを組み合わせることのメリットは何でしょうか?様々なリスクに対応できると注目されているミックスローンの研究サイトです。
xn--pckua2a8h1crb0d.com/

住宅ローン減税の申告方法は?
住宅ローン減税の確定申告の手続きの方法やいくらお得になるのかの計算シミュレーションまであなたの疑問にお答えします。現在のメリットを最大限に生かしたい方に。

旧公庫融資基準金利の推移 住宅金融支援機構

ローン金利