支払可能見込額を調べる!

2010年に完全施行された改正割賦販売法により、クレジットカードに入会する際に年収に応じた支払可能見込額の調査が行われ、さらにはカードの分割払いやリボ払い、ボーナス払いによる利用限度額の設定は「支払可能見込額×一定の割合」に制限される事になりました。キャッシング枠では改正貸金業法という法律が施行され消費者金融やキャッシングにおける融資が年収の3分の1までの借り入れしかできなくなり多額に借り入れをしている場合年収証明書を提出しなければいけません。

しかし、上限金利が最高20%にまで引き下げられるようになり、金利的には依然よりも返済がしやすくなったといえます。この二つの法律改正は多重債務や悪質業者による社会問題の摘発を目指す事が目的であり、どちらの法律も悪徳業者の過剰な与信業務を防ぐため施行されました。

現在でも問題になっていますが、以前は現在よりも闇金から融資を受ける人も多く、最終的には多重債務に陥り自分では手の施しようがなくなってしまう人も大勢存在しました。悪徳な闇金業者は一般の金融業者に比べ金利もものすごく高く尋常ではない返済取り立てを行ってきたりします。その為ノイローゼになってしまう人や夜逃げをする人などが後をたちませんでした。

そのためこの法律はそんな人たちを救うべく改正された法律なのです。

フラット35の金利比較のメリット
フラット35金利比較をしないと損します!金融機関ごとに違うフラット35の金利や諸費用のシミュレーションを良く見てどこから借りるのかを考えましょう。

こんなサイトも参考に

住宅ローン金利一覧で比較!2017年金利上がる?【フラット35】

ローン金利