不動産ローンの種類はこれなど!

不動産ローンの種類には変動金利型、短期固定金利型、長期固定金利と大きく分けると3つの種類があります。そして融資元から消費者金融系と銀行系から融資先を選ぶ事が出来ます。

消費者金融系から融資を受ける場合は、融資を受ける際の使用用途理由などは自由になっていて、高額な金額でも借り入れすることが可能である場合があります。しかし、利息が高額である為、返済を考えた上で融資を受ける必要はあります。

そして銀行系からの融資の場合では、消費者金融系同様に使用用途理由は自由になっており、少額から多額な融資を受ける事が出来ます。そして低金利を謳っており、満20歳以上であれば借り入れすることが出来ます。

しかし、低金利であってもフリーローンでは高金利となる場合があります。

また不動産ローンの場合ではその不動産を担保にローンを組むことになりますので、保証会社や保証協会に登録をする必要があります。

仮に返済が滞ってしまった場合には保証会社が保証人の代わりになり、全額返済を行うためその不動産担保を競売にかけられ返済に充てられる事があります。その後に発生した残債についてはその後も返済が続くので毎月の返済を滞納しない事が重要であると言えます。

住宅ローン乗り換えのやり方
住宅ローン乗り換えで毎月の返済金額を安くしたり、ローン期間を短くしませんか?正しい住宅ローン乗り換えの知識をゴア案内していきます。

 

住宅ローン金利を調べるならこちら

住宅ローン金利比較をすることで、条件がいい銀行を選ぶことができます。金利が安い銀行はサービスも良いと思って間違いありません。ただ住宅ローン比較をする際には条件をしっかりと合わせておくことが大事です。金利タイプはもちろんですが、団信は必要になるのか、保証料は?など比較ポイントをそろえるには実は手間がかかります。そういった手間が省けるおすすめサイトです。

ローン金利